小児歯科
Information
ホーム > 小児歯科

小児歯科

治療方針
『歯が痛いから』『義歯が合わない』などということが多いですね。さらにどんな気持ちで歯科医院のドアを開けていますか?「いやだなぁ」「痛そうだなぁ」 という、不安と恐怖がいっぱいなのではないでしょうか。なぜそういう気持ちになってしまうのか…。
それはぎりぎりまで我慢して”もう限界”という時 に、やっと重い腰を上げるからです。自分のお口の中の状態を把握して、痛みの出ないよう常に管理し、予防のために歯科医院に携わっていれば、そんな心配は なくなります。

私たち「おわがら歯科医院」のスタッフは、痛くなってから行くのではなく、痛くならないよう、予防のために通う歯科医院を目指しています。定期的にお口の中をきれいにクリーニングしますので、歯科医院へ行くことが楽しみになります。
小児歯科の目的
小児歯科の目的は、大人の成長してしまったお口の中を診療するのではなく、 「成長段階であるお子様のお口の中を総合的に診療する」事にあります。
成長の変化が著しい子供には、歯や顎の成長を見ながら理想的な永久歯の歯並びや噛み合わせを作り出す為の治療・指導を行なう必要があるのです。
 
虫歯の治療
初期のむし歯なら、ブラッシングと予防のシーラントで終了します。
小さいむし歯なら、銀歯かレジンをかぶせます。銀歯は銀色ですが丈夫です。レジンは見た目は歯と同じ色でとても良いですが、割れる事があります。
さらに進行したむし歯は、麻酔して神経を切断して冠を被せます。
治療が終了すると、ブラッシングしてフッ素を塗布し、次回からむし歯にならないようにします。
予防処置の種類
シーラント 奥歯の溝に薬を流し表面のでこぼこを無くす事で汚れがたまりにくくなり虫歯を出来にくくします。
虫歯になりやすい奥歯の咬み合わせ部分の処置に向いています。
歯の溝を埋める予防処置ですので、そこに食べ残し食べかすが入る心配がなくシーラントが付いている限りむし歯になりませんがすり減ってきますので、半年位で塗り直す事をおすすめします。

サホライド サホライドは光、熱により変質しやすい性質を持っています。歯面や根管の中を清掃し、乾燥させた後、 サホライドを小綿球に浸ませて塗布します。これにより、初期の軽い虫歯の進行が抑制されます。
ただし、銀の沈着によって、象牙質の色を変化させ、歯が黒光りしてくるという副作用があります。そのため乳幼児の前歯の虫歯の抑制にはよく使われますが、永久歯の前歯には使いません。

フッ素 乳歯・永久歯ともに、定期的に塗布することで歯質を丈夫にし虫歯予防を防ぎます。 さらに、口の中を虫歯になりにくい環境にすることが出来ます。
フッ素添付により、ヨーロッパでもむし歯が少なくなってきました。 統計データによると、年に2~3回フッ素塗布をすると良いようです。

妊娠中のお母さんへ
■注意点
歯ぐきの炎症が起こりやすくなります。歯ぐきが赤くなったり、ブヨブヨしてきたり、ちょっとしたことで出血すれば要注意です!出産すれば元の状態に戻ることもありますが、そのまま歯周病に移行してしまう場合もあります。 妊娠初期から中期頃まではつわりの程度にもよりますが、歯ブラシがお口に入れられず、歯磨きがおろそかになってしまいがちです。また、 唾液も普通のときに比べてネバネバしたり、酸性に傾いていることも多くなり、これも虫歯になりやすい条件です。胃が圧迫されるようになると1回の食事量が多く取りにくくなります。ついつい間食も多くなりがちです。おこたらずにしっかり歯磨きをしてください。

■治療について
虫歯を削って詰め物を詰めたり、歯石を除去する程度の治療はいつでも受診できます。
また、レントゲン撮影は、防御エプロンを着ていただけば、胸等に比べると照射時間はかなり短いので、1回の撮影ではそれほど大きな影響は無いので大丈夫です。
妊娠16週までは、薬や処置によって胎児に異常が現われる可能性もありますので、麻酔を必要とする抜歯や歯の神経を取るような治療は特に避けてください。
中期以降からは通常の治療は大丈夫です。麻酔の注射も問題はありません。
※念のため、産科の先生とも相談の上、その日の体調も考慮しながら進めましょう。

■赤ちゃんの歯の成長について
妊娠に気付かない人も多い妊娠初期から胎児の歯は出来始めます。
胎児は自らの成長発育のために母体からどんどん栄養を奪っていきます。十分な補給がないと母体、胎児共に栄養不良となってしまいますので、妊娠中は特にバランス良い栄養を取るよう心がけて下さい。
 
CONTENTS

ページ上部へ