歯の知識
Information
ホーム > 歯の知識

歯の知識

成人の歯は通常「親知らず」という第3大臼歯4本を加えた32本になりますが、最近では生えない人も多いようです。これらの歯は、「切歯」「犬歯」「臼歯」の3種類。また、歯肉から上に見える部分を「歯冠」、歯肉に隠れている部分を「歯根」といいます。

歯は、「エナメル質」「象牙質」「セメント質」から成り立っています。エナメル質はからだの中でもいちばん硬い組織で、硬さは水晶に近い硬度です。また、歯の中心部には、神経や血管が入り込んだ「歯髄」という大切な組織があります。

歯が健康なら固いものもよくかんで食べれるので、胃や腸に負担をかけずに全身に栄養をいきわたらせることができ、歯ざわりや歯ごたえを楽しみながらおいしく食べることができます。また、歯がちゃんとそろっていれば、はっきりと発音でき、美しい表情をつくるなど、歯は健康的な生活をする上で欠かせない存在なのです。

1本でも失うと、正常な働きができません。例えば、大臼歯(奥歯)が1本なくなっただけで、ものをかみくだく能率は約40%も低下するといわれています。そうなると、消化器官に負担がかかり、栄養の吸収が悪くなります。また、発音しにくくなって、言葉が不明瞭になったり、顔の輪郭が変わって、表情が老けて見えたりと、美容にも影響を及ぼします。悪いところは治療し、大切な歯を守る正しいケアを心がけてください。
歯垢と歯石
歯垢
歯の表面や歯と歯の間、歯と歯肉のさかいめなどに付いている白いものが「歯垢」です。歯垢は、口の中で繁殖した細菌が、水にとけにくいネバネバした物質とともに、歯に付着してできた汚れで、細菌のかたまり(バイオフィルム)。

1gの1000分の1の歯垢に、1億個以上もの細菌が生息しています。歯垢は、ネバネバした物質と一緒に、歯に強固に付着しているため、口をゆすぐだけでは取り除けません。ハブラシを使って、ていねいに磨くことが必要です。歯垢が落としきれず、蓄積すると、口臭や虫歯、歯周病などの原因となってしまいます。
歯石
歯石は、歯垢がだ液中のカルシウムやリンと結びついて石灰化したものです。歯石の表面はザラザラしているので、その上にさらに歯垢がつきやすくなります。歯石は歯垢とちがって歯を磨くだけでは落とせません。

歯垢のうちに確実に落とすことが大切です。もし歯石が付いてしまったら、早めに歯科医院へ行って取り除いてください。見逃さないためにも、日頃から定期検診を受けて、歯石をチェックすることをおすすめします。

歯の病気
心身の健康と密接に関わっている歯。
ここでは、いつまでも健康な歯を維持するために、歯の病気の原因と予防法について解説します。 
■虫歯
お菓子などの砂糖を含む食べ物と虫歯には、とても深い関係があります。虫歯の原因となるのは、「ミュータンス菌」という細菌。この細菌は、砂糖が口の中に入ってくると、活発に働いて、歯垢を形成します。そして、歯垢の中で「酸」をつくります。虫歯は、この酸によって歯が溶かされる病気です。

虫歯を防ぐには、歯垢をきちんと除去したり、甘いものを控えたりして、この3つの要因を揃えないようにすることが大切です。虫歯に、自然治癒はありません。放っておけば、悪化して歯根だけになってしまいます。虫歯で歯に穴があくと、その進行の度合い(C1~C4)に分類されています。発見が早く、すぐに治療をすれば、それだけ歯を長持ちさせることができます。毎日のセルフケアはもちろん、歯科医院で定期的に検診を受けるように心がけてください。

表面や溝が灰白色や黄褐色、黒褐色に変色。エナメル質が溶けて穴が開きます。痛みはありません。 穴の中にも最近が入り、象牙質に達すると、甘いものや冷たいものを食べた時に痛むことがあるります。
歯髄に及び、痛みが激しくなります。 歯冠部がこわれて、歯の根が残る。歯髄が死んでいれば痛みは無いが、炎症は顎骨に進行することもあります。


■象牙質知覚過敏症
虫歯ではないのに、冷たい水がしみることがあります。歯周病や力を入れた歯みがきによって、歯肉が下がり、歯根の部分が出てしまうと、冷たいものや熱いものを食べたときや、歯ブラシを当てたときなどに、一過性の痛みを生じることがあるのです。

これを「象牙質知覚過敏症」といいます。虫歯とちがうのは、何もしないのに痛むことはありません。一時的に知覚過敏になっても、治ることがあります。しかし、歯みがき圧が強すぎる場合などでは、歯肉の退縮や歯の磨耗が進んで、悪化することもあります。症状がつづくようでしたら、ご相談ください。
■歯周病
(予兆)
・朝起きたとき口の中がネバネバする
・親しい人に口臭がきついと言われる

10~20代前半で、すでに60%の人がかかっていると言われます。歯周病(歯槽膿漏)には大きく分けて歯肉炎と歯周炎があります。歯周病はプラーク(歯垢)の中にいる歯周病原菌が歯と歯茎の間から歯肉に入り、歯を支える組織に炎症を起こすことが原因で生じる病気です。最後には歯が抜けてしまうこともあります。根絶的な治療法はありませんが、早期なら治療が可能です。歯周病にならないために最も大切なことは毎食後、丁寧に歯磨きを行うことです。

■歯肉炎
(予兆)
・時々、歯肉から血が出る
・歯肉の色が赤みを帯びている


歯肉炎は、歯周病の初期の段階。歯肉の表面に炎症が見られます。プラーク(歯垢)の中の細菌が毒素を出して歯肉を攻撃することが原因です。歯と歯の間の歯肉が腫れ、赤味を帯びた状態になります。歯肉炎になると歯と歯肉の間に「歯周ポケット」と呼ばれる溝ができ、歯垢がますます溜まりやすくなります。この状態では痛みを感じないので、歯肉炎に気づかないことがあります。気をつけましょう。

■歯周炎
(予兆)
・歯肉が赤紫になる
・歯肉がブヨブヨして退縮し、歯が長く見える
歯肉炎によってできた歯周ポケットが炎症の進行でさらに深くなり、歯を支える骨(歯槽骨)にまで及んだ状態を言います。そこにたまった歯垢中の細菌は毒素が強く、歯周病を進行させ歯を支える骨まで溶かしてしまいます。この段階でも自覚症状がないこともありますが、次第にその歯を支えることができなくなり、最終的には抜歯をする場合もあります。

唾液のはたらき
あまり知られていない唾液の意外なパワーと、そのメカニズムを解説します。


● 虫歯を防ぐ
● 新しく生えた歯の表面(エナメル質、象牙質)を硬くする
● 殺菌、抗菌作用があり、発ガン性物質を抑制
● 歯や骨を丈夫にする
● 食べ物のおいしさがわかる
● ご飯、パン等を消化(デンプン分解)
● 口の中が湿ることで、かむ力や飲み込む力を出る、発音しやすくする
● 苦い物などの味を次第に薄くする
● 酸度やアルカリ度を一定に保つ
● 粘膜を保護する
● バイ菌や余分なものを排泄する
● 体の中の水分量を調整する
● 入れ歯を安定させる、口の中を洗い流してきれいにする


■唾液の分泌をさせるためには?
大人は…一口30~50回噛んで15分くらいは食事に時間をかけてゆっくり食べましょう。
子供は…やわらかい物ばかりではなく、歯ごたえのあるものを食べましょう。
よくかんで、ダイエット!
食欲は、脳の摂食中枢より出される「食べなさい」という指令と、満腹中枢より出される「もうお腹いっぱい」という指令でコントロールされています。満腹感は、この満腹中枢からの指令がもたらします。
満腹中枢は、血液中の血糖値が上がることによって刺激され、反応するのですが、「食べるのはやめなさい」と指令を出すまで、食事を開始してから約15分から30分かかります。そのため、良く噛まずに早食いすると、満腹中枢が刺激されるまえに必要以上に食べてしまい、カロリーオーバーに。良く噛んで、ゆっくり食事することが大切です。

活動するための主なエネルギー源はブドウ糖です。このブドウ糖をエネルギーに変えるためにはインスリンというホルモンが必要になります。インスリンは噛む刺激をきっかけに膵臓から分泌されます。だから良く噛んで食事すると、食事をしている間にインスリンがどんどん作られ、食べ終わった直後から、エネルギーが急激に消費されていくのです。
CONTENTS

ページ上部へ